二度とダイエットはできない?ダイエットと摂食障害の境界線

脱!摂食障害カウンセラーの三上さくらです。

この記事は、

・摂食障害を克服するためには、ダイエットしてはいけないのか?
・自分はダイエットしてるだけ!過酷なダイエットと摂食障害の違いは?

という質問・疑問にお答えする記事です。

 

私のクライアントさん「あるある」なんですが、過酷なダイエットから摂食障害になってしまうので、もう二度とダイエットできない!と思い込んでいる方がほとんど。

 

別にそんなことはありません。

摂食障害を克服するために、いったん激太りすればいいとも思いません。要は、考え方なのです。

はじめに

この記事を読んでいるということは、おそらくダイエットではなく摂食障害なのだと思われます。

「自分の食生活が異常だ」と気付き始めて、「でもどうしたらいいのか分からない」という状態かもしれません。

 

まず、地球上にたった一人で生きているとしたら…

外見って気にしません。

 

人によく思われたいから、オシャレをしたり、お化粧をしたり、身だしなみを気を付けたり、自分磨きをするのです。特に「見た目を変えたい!」と思ったら、ダイエットをする。

 

なぜ?

 

ダイエットして痩せたら、今より素敵な女性になれるから。

 

私も素敵な女性に憧れるし、自分もそうなりたい!と強く感じます。ただし、外見と内面の比率が大切だと思っています。

 

摂食障害(特に拒食と過食嘔吐)は、短期間でものすごい「外見の変化」を与えてくれます。それは奇跡のように嬉しいことでした。でも、本当は呪縛だったのです。

外見の変化

ダイエットの成果が出てきて、痩せたら嬉しいですよね〜ダイエットを頑張っている自分にご褒美をあげたくなるくらい!

 

「外見の変化」って、目に見えるので確認ができます。

 

体重計の数字やウエストのサイズなど、目標数値に向かっている状況が分かるので、楽しくなります。だって、痩せたら素敵な女性になれるから嬉しくて仕方がない。

「痩せたら、あんな服を着ようかな〜」
「体重が落ちたら、ケーキのご褒美☆」
「友達の結婚式までにウエスト絞るぞ!」

という気持ち。こういうのは女性として応援しますので、どうぞご自分の判断で頑張ってください!!世の中にはあらゆるダイエットがあるので、自分で判断して選択して、どのような未来を手に入れたいのか?を明確にして。

ダイエットとの違い

「自分で判断して選択して、どのような未来を手に入れたいのか?」

をしっかりできているのがダイエットだと思います。一方、

・自分の意志とは関係なく過食が止まらない。
・食べない!もしくは食べたら吐く!という極端な選択しかない。
・未来へのビジョンがなく、「痩せること」が目的になっている。

これは、すでに「摂食障害思考」に乗っ取られている状態です。

摂食障害思考については、下記の記事を読んでみてください。

頭では分かっているのに、なぜ過食嘔吐が止まらないの?

短期間で結果が出せる

ライザップではありませんよ〜

拒食の場合、今まで摂取してきた食べ物を食べないのですから、そりゃ痩せますよね。

過食嘔吐も同じ、食べ物を消化する前に吐き出すので、そりゃ痩せます。当たり前です。

 

摂食障害になる方はもともと努力家なので、ものすごく「我慢」できてしまう。だから、なるべく食べないで頑張ってしまいます。

食べ物がない時代(戦時中など)だったら、我慢を超えても食べるものがありませんから、どうにもならない。仕方がない。食べたいけど食べられない。頭では分かっているから、なんとか耐えます。生きることに必死だから、なんとか生き延びようとします。

でも、現代日本には食べ物が豊富です。安くて美味しいものが、すぐに買える環境。頭では分かっているから、どうしても食べたくなってしまう。コンビニが24時間営業になったことも、過食や過食嘔吐がやめられない原因かなと、今では思います。

 

ここで忍耐強く挑んだ人だけが、未知の世界に踏み込んでしまう。摂食障害という闇の世界です。

 

私は、三日坊主の人を「意思が弱い!」と決め付けて、心の底ではバカにしていました。

・だから太るんだよ!
・痩せたいのは口だけかい!
・私は違う。私は強いの!

と思って、ひたすら摂食障害街道をまっしぐらに転がり落ちていきます。

 

食べ物の誘惑に耐えられたのは、痩せた事実があるから。痩せたことで嬉しいことがあるから。メリットがたくさんあるから。

初期段階での摂食障害のメリットは、

ダイエットより結果が早い。みるみる変わる!
ダイエットサプリを買うより、食べないほうが安上がり!
運動でカロリー消費するより、吐いてしまえば時短になる!

この段階では、まだ罪悪感と後悔よりも、痩せて嬉しい!という感情が強い。だから深刻にならずに、ひたすら拒食と過食嘔吐を繰り返してしまいます。

支配されていく脳と心

だんだんと「どうして痩せたかったのか?」という根本の目的を見失って、痩せること自体に価値を感じてきます。

好きな人がいて、もっとよく思われたい!
告白する前に、もう少し痩せて自信をつけたい!

こんなピュアな感情も、痩せたらもっといい人がいるかもしれない。という欲望に飲み込まれていきます。

 

そして、じわじわと体重計の数字やカロリーの数字に惑わされていく。0.1グラムでも少なくなればいいと願う。カロリー表示が小さい数字であればあるほどいい。このようなマイルールが構築されてきます。

 

それまでは痩せて嬉しい!と純粋に喜んでいたのに、

・もっと痩せないと!という強迫観念
・痩せていない自分はダメなんだ…という自責
・そろそろ普通の食事をしないと…という不安
・普通の食事をしたら太ってしまう…という恐怖
・自分が異常だ!と思っているのに、抜け出せないことへの動揺と混乱

上記のような気持ちを忘れるための過食。一時的なストレス解消のための過食。これが中期段階でのメリットです。

一時的なスッキリ感とリセットできる喜び。
また、周りから「変わったね、痩せたね」と言われる優越感など。

 

摂食障害に後期ってあるのかな?中期に突入したら、そのまま末期状態になる気がします。

末期段階でもメリットがあるから、摂食障害は治りません。

例えば、

・今までと同じ習慣で安心する(新しい習慣が怖い)
・マイルールを守っていれば太らないという安堵感
・過食は唯一の趣味、ストレス発散方法(だと思い込んでいる)
・痩せている事実と他人からの評価が嬉しい

こんな感じ。心の底では怖くて仕方がないのに、表面しか見ていない。だから他人のことも外見しかみない。自分の見た目しか判断できない。

頭では正常な判断ができているのに、行動ができない。行動できない自分はダメ人間だ!と四六時中自分責めをしている。とても苦しくて、情けなくて、悔しくて、泥沼状態。完全に摂食障害思考に乗っ取られてしまった状態。

 

ダイエットとの大きな違いは、自分が主権を握っていないことです。

ダイエットとは◯◯である。

どんな言葉が思い浮かびましたか?

多くの方が「痩せること」である。または、辛い、苦しい、やりたくないなど、ネガティブワードが出てきたのではないでしょうか?

 

摂食障害が治った今の私は、

ダイエットとはコントロールである。

という言葉が一番しっくりきます。

健康を維持するため
スタイルを維持するため
いつまでも若々しく活動するため
自分を好きでいるため

 

コントロールとは、自分をがんじがらめにすることではありません。

 

自分が心身共に健康的になることを実践する。
パフォーマンスアップのための努力をする。
自分のモチベーションを上げる方法を知っている。
長い人生を心豊かに暮らすことを目指している。
長期的なプランを練ることが出来る。

このような考えが自分をコントロールすることだと思っています。

 

 

摂食障害って、

今が良ければいい。
直近だけ良ければ、それでいい。
健康より「見た目」重視。
痩せている今の快感が大切。
短期的なプランしかない。
もしくは、痩せていないと生きる意味がない。
と思い込んでいる。

この考え方が悪いわけではありません。

 

でも、この考え方だと歳を重ねるごとに、不安と怖れしか出てきません。

なぜなら、摂食障害って、めちゃくちゃ体力消耗するから。若い頃は、そこそこ体力があって何とかなってしまう。でも、だんだんと疲弊してきます。

私のクライアントさんに、40代、50代、60代の方が多いのは、摂食障害習慣から抜け出せないまま歳を重ね、この生活をやめないと生命危機を感じている方が多いからです。

摂食障害歴が長くなればなるほど、抜け出すことに抵抗があります。

 

でもね、この記事を読んでいる今が、克服するタイミングとしては一番若いことになります。分かりますか?

 

もっと早く!とか、もっと若い頃に!とか、もう過去です。今、気付いてください。今、改善のために行動してください。

大丈夫だから。ちゃんと治るから。どうかスルーしないでください。

さいごに

ダイエットと摂食障害の違いは、心と脳の違い。

 

私のクライアントさんの多くは、摂食障害が治ったらもう二度とダイエットできない!と思っている方ばかり。

 

そんなことありません。ダイエットしたかったらすればいい。

「ダイエットしたら、また摂食障害に戻ってしまうかもしれない…」と思うから怖いのですよね。

お気持ち痛いくらい分かります!!

 

ちなみに私は、摂食障害を治そう!と思った時の体重が47kg。

治ってからの体重は、49〜53kgです。生理前は太るので、かなり変動します。

 

この体重がどうとか、50キロ台はあり得ない!とか思うのは自由です。

 

でも、私は今がベスト体重だと思っています。

早寝早起きできるし、好きなものを食べているし、やりたいことをやっているし、自分がやりたい仕事をしているし、主人ともケンカしないし、親とも素敵な関係だし、周りの人に恵まれているし。

 

摂食障害の頃には感じたことのない幸福感に浸っています。摂食障害で苦しんだ時代があるからこそ、実感できることです。

 

これは自慢ではなく、みんなに味わってほしい。

 

私のクライアントさんの中には、すでに克服して、次のステップに進んでいる方もいます。

摂食障害だった過去を生かして、人を癒す仕事をしている方もいる。
プライベートで人生のパートナーを見つけた方もいる。
家族のために、料理教室に通うようになった方もいる。
諦めていた海外留学をして、資格取得を目指している方もいる。
不妊治療をして、赤ちゃんを生んだ方もいる。

 

摂食障害に費やしていたエネルギーを他のことに注ぎ込むと、びっくりするほど進化します!私はサナギから蝶になる姿をイメージしていますが。

摂食障害になる方は、もともとエネルギーが強いから、あらゆる業界で羽ばたく方が多いです。

 

どうか、今の感覚に負けないでください!!

 

ダイエットはいつでも出来ます。
治ってから理想体重になった方もいます。

私の場合、理想体重の概念すら忘れてしまいました。たまに体重計のある温泉に行って、「ああ、今はこのくらいなんだ」と思う程度です。

 

大丈夫ですよ。

ちゃんと感覚は戻りますから。

 

 

2018年12月〜一般社団法人日本栄養バランスダイエット協会の摂食障害専門インストラクターをしています。
「もう最後のダイエットにしたい!」という方は、ぜひ読んでみてください↓↓↓

>>>一般社団法人日本栄養バランスダイエット協会ベーシック講座通信セミナー

関連記事

・【理念・ビジョン】普通に食べる幸せを手に入れる
食べることを否定しないでください!食べることは大切なことなのです。
・摂食障害(拒食・非嘔吐過食・過食嘔吐)から卒業する方法
私の考え方です。どうぞ読んでみてください。
・脱!摂食障害マニュアル
摂食障害であることを、誰にも言いたくない!知られたくない!という方へ

 

毎日読むだけで、だんだん心が軽くなる 15年間、摂食障害に悩んだ私が見つけた思考術 脱!摂食障害のための無料メールセラピー