基礎知識

太るのが怖くて過食嘔吐がやめられない方へ

脱!摂食障害カウンセラーの三上 さくらです。

摂食障害は長いクネクネ道で、精神的に安定している時もあれば、不安定な時もあります。治ると希望を持つ時もあれば、絶望的な気持ちになることもあります。

私もこの波に何度も流されそうになりました。

そして、回復の途中では必ず、やらないと気持ちが悪い状態が何度も襲ってきます。

その不快な感情は摂食障害が改善している証拠です。しかしながら、その不快な感情を乗り越えられず、過食嘔吐生活に逆戻りもしました。

続きを読む

摂食障害(過食嘔吐)のせいでお金に苦しんでいる方へ

脱!摂食障害カウンセラーの三上さくらです。

最近、お金に関するご相談がとても多いです。お金に関することは…

お金を払ってまで治す気がありません。

毎日過食用の食べ物を買ってしまい、とうとう貯金にまで手を出してしまいました。このお金がなくなったら万引きをしてしまうのかも…

治すために、あらゆるセッションやカウンセリングを受けました。もうこれ以上、お金を使いたくありません。

続きを読む

摂食障害になりやすい性格と摂食障害を乗り越えやすい考え方

脱!摂食障害カウンセラーの三上さくらです。

私は15年間、摂食障害でした。長く苦しい闇の世界を彷徨って、やっと克服することができました。今になって気が付いたことがあります。

それは、
摂食障害になりやすい性格がある。
摂食障害を乗り越えやすい考え方がある
という2点です。

まずは、ご自分が摂食障害になるやすい性格かどうかチェックしてみてください。

続きを読む

毎日過食嘔吐しないために気を付けていた21の行動

脱!摂食障害カウンセラーの三上さくらです。

15年間摂食障害だった私は、「食」に支配される時間を極力減らすことが改善への最短ルートではないか?という仮説を立てて試行錯誤の日々を送っていました。

摂食障害中は、食べること、体重や体型、カロリーから解放されたい!と切に願っていました。しかし不思議なことに、もう考えたくない!忘れたい!止めたい!と思っているにもかかわらず、そのことばかり考えてしまいます。

続きを読む

私は15年間摂食障害でした。

このブログに辿り着いた多くの方が、摂食障害で苦しんでいるだと思います。

「衣食住」という言葉がありますが、食べること、着ること、住まうことは、人が生活していく上で必要な、衣(衣服)、食(食事)、住(居住)のことです。

この生きる上で欠かすことのできない「食」の習慣が狂ってしまった15年。私はこの世の終わりのような日々を過ごしていました。

続きを読む

よくあるご質問(FAQ)

脱!摂食障害カウンセラー 三上さくらです。

LINE@やTwitter、メールなどで、よく質問されることがあるので。三上さくらという人間を知ってもらうために書きます。他にも質問があったらご連絡ください。

◆いくつですか?
1982年生まれです。

◆身長は?
163cmです。

◆今の体重は?

続きを読む

意識的に行動を変えるための6のアドバイス

脱!摂食障害カウンセラー 三上さくらです。

行動を変える、と言葉では簡単に言っていますが、なかなか行動を変えることは難しいです。 クライアントさんからも具体的にどんなことをしたらいいですか?という質問が多いので、私が意識していたことを6つにまとめました。

続きを読む

摂食障害と合併症

脱!摂食障害カウンセラー 三上さくらです。

摂食障害は、拒食症も過食症(過食嘔吐)も多くの合併症を引き起こします。私も摂食障害の症状以外に多くの合併症に悩まされました。脳機能低下、偏頭痛、うつ、自律神経失調症、不安神経症、パニック障害、アルコール依存症、不眠症、薄毛、むくみ、低体温、低血圧、貧血、吐きダコ、逆流性食道炎、胃痛、月経不順、無月経、便秘など、全てが摂食障害のせいではないかもしれません。しかしながら、摂食障害を克服した今、多くの症状から解放されています。

続きを読む

摂食障害克服の道のりを8段階にしてみました。

脱!摂食障害カウンセラー 三上さくらです。

私は15年間、摂食障害(主に過食嘔吐)に苦しみ、両親にも言えず、友達にも言えず、病院にも行けず、悶々と葛藤の日々を送っておりました。

克服して3年。過去を振り返ると、「なんて愚かなことをしていたのだろう…」と絶望的な気持ちになります。しかしながら同時に、どんな道を歩んできたのか冷静に分析することができました。

続きを読む

はじめに

脱!摂食障害カウンセラー 三上さくらです。

今、この文章を読んでいるということは、摂食障害を治したい!と強く願ってのことだと想像がつきます。おそらく辛く苦しい摂食障害の闇の中で必死に戦っているのだと思います。

続きを読む